全国ソロモン会慰霊碑(ガダルカナル島)

 

平成10年(1998年)、当会はガダルカナル島に慰霊碑を建立しました。

 

場所は、ホニアラの中心部より西に約6Kmにあるコカンボナ村、Michael Liliau(マイケル・リリアウ)氏の敷地です。同地には、野戦重砲兵第四聯隊、、同第七聯隊、同第二十一大隊の慰霊碑があります。その碑の隣に、当会が「ソロモン諸島方面戦没者慰霊碑」を建立しました。

 

碑名は「ソロモン諸島方面戦没者慰霊碑」(揮毫:小泉純一郎氏(元厚生大臣))です。除幕式は平成10年8月3日、靖國神社の神職2名のもと、当会の戦友・遺族・有志会員により斎行しました。

 

この碑が建立された故Michael Liliau(マイケル・リリアウ)氏、現Mato Mui Liliau(マト・ムイ・リリアウ)氏の敷地はランブ村という所で、ポハ川の三角碑のちょっと手前です。三角碑の手前の路地をホニアラからだと左に折れたところがランブ村です。そこで、慰霊碑(Japanese Memorial)といえばすぐに分かります。村の広場の奥のカカオ林の中に慰霊碑群はあります。ホニアラ市中心部から車で15分ぐらいです。参拝ご希望の方は、コカンボナ村で入域料と拝観料を含め、100ソロモンドル(日本円でおよそ1,500円)が必要です。

 

当会慰霊碑(コカンボナ村全基)

当会慰霊碑(コカンボナ村)

 

 

 ガダルカナル島のその他の慰霊碑

 

IMG_5629

第二師団勇会慰霊碑(タンベア) ※修復前

 

2D慰霊碑(タンベア)

第二師団勇会慰霊碑(タンベア) ※修復後

 

2D慰霊碑(ムカデ高地)

第二師団勇会慰霊碑(ムカデ高地) ※修復後

 

IMG_5193

一木支隊奮戦之地(イル河口付近)

 

IMG_5158

一木支隊鎮魂碑(テナル教会学校敷地内)

 

2008_1115第2回ガ島慰霊供養0150

川口支隊(歩124)鎮魂碑(ホニアラ市ロベ警察署敷地内)

 

IMG_5475

アウステン山平和祈念公苑

 

DSCF0675

丸山道三角慰霊碑(丸山道入口:コカンボナ村)

 

DSCF0620

岡部隊慰霊碑(ギフ高地)

 

第3回ソロモン諸島慰霊写真+信乃介 093

歩兵第124聯隊第2大隊、歩兵第228聯隊第2大隊玉砕の地

 

IMG_5292

米軍慰霊碑(スカイライン)

 

IMG_0020

米軍慰霊碑(ムカデ高地)

 

全国ソロモン会慰霊碑(ブーゲンビル島・ソファナ島)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブイン慰霊碑

 

アラワ慰霊碑

アラワ慰霊碑

 

ヌマヌマ慰霊碑

 準備中

 

タロキナ慰霊碑

 準備中

 

ソファナ島慰霊碑

ソファナ島慰霊碑

 

日本国政府建立 南太平洋方面戦没者慰霊碑(ニューブリテン島ラバウル)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 ソロモン諸島国概要

 

 

1.面積
28,450㎢
2.人口
約60万人
3.首都
ホニアラ市(ガダルカナル島)
4.人種
メラネシア系(約93%)が主で、その他ポリネシア系、ミクロネシア系、ヨーロッパ系、中国系
5.言語
英語(公用語)、ピジン英語(共通語)
6.宗教
人口の95%以上がキリスト教
7.地理的位置
日本の南南東約5500Km、パプアニューギニアの東方、オーストラリアの北東に位置する島嶼国。
8.気候
熱帯雨林気候(弱い雨季と乾季あり)
雨季は11月から3月
9.略史
1568年 スペイン人メンダナ、サンタ・イザベル島に来航
1893年 英国、南ソロモン諸島領有を宣言
1900年 英国、独より北ソロモン諸島を取得
1942年 日本軍、ソロモン諸島を占領
1978年 英国連邦より独立
10.経済
通貨:ソロモンドル(SBD)
※1SBD=16円 (令和2年1月現在)

主要産業:木材、コプラ、パーム油、カカオマス、海産物(主にカツオ、マグロ)等

Top